忍者ブログ

Brushless Gimbal Steadicam

現在はBrushless Gimbal を使っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

充電器など選ぶのもワクワクします

私の使用している充電器は、ラジコンヘリで使っていた物(2台目)で、
性能は良いですが、家で充電する事を考えていないので
(ラジコンは現地で何度も飛ばすため、車のバッテリーなどで充電できるように
 12V入力専用になっているものが多かった)

家庭用の100V電源を12Vに変換するものを使用しなくてはならなくて、
かなり大掛かりな状態で充電しています。




だけど、今はそんな時代じゃないよなー。

そこで、欲しい充電器があります。
カラー画面でタッチパネル、日本語表示です。


multi charger X1 TOUCH
バランサー内蔵・オールマイティ多機能充・放電器
multi charger X1 TOUCH
好評発売中
定価\16,800(税込) #44177
機  能 充電、放電、ストレージ充放電、サイクル充放電(Ni-XX)、バランサー(Li-XX、各セル電圧表示(Li-XX)、各種異常警告、各種安全機能装備 
対応バッテリー Li-Po、Li-Fe、Li-ION、Ni-CD、Ni-MH、Pb
対応セル数 Li-Po/Li-Fe/Li-ION:1~6セル NiMH/Ni-CD:1~15セル Pb:2~20V
入力電圧 AC100~240V※ 50-60Hz
充電電流 0.1~7.0A(最大55W)
放電電流 0.1~2.0A(最大5W) 
LCDスクリーンサイズ 3.2インチ
バランスコネクタータイプ ユニバーサルバランスボード(TP/FP、HP/PQ、JST-EH、JST-XH、tamiya LiFe)
寸  法 160×138×56mm

※日本国内での定格電圧は100Vです。日本国内においてはそれ以外の電圧でのご使用は禁止されております。

※最大電力は、充電、放電時にその時の電池端子電圧×電流で決まります。これが最大電力を超える場合は電流値が自動的に制限されます。

特長
直感的に操作できる日本語表記可能なインターフェイスを採用。
※画面は開発中のため変更になる場合があります。
○タッチパネルのイージー&クイックオペレーション。
○わかりやすい日本語漢字で表記が可能。
○高細密フルカラーディスプレイ採用。
○ヨーロッパの高級車を彷彿とさせるボディカラー&デザイン
○100V安定化電源内蔵で省スペースを実現。
○ピットテーブルに栄えるビビットカラーボディ。
○チルトスタンドでより使いやすい角度に。
セット内容
<セット内容>
○マルチチャージャーX1 TOUCH本体 
○ユニバーサルバランスボード 
○タミヤタイプコネクタ 
○2ピン/T型(ディーンズタイプ)コネクタ 
○AC入力ケーブル 
○DC入力ケーブル 
○取扱い説明書

充電中も楽しめそうですね。


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

私の動画は全てソフトウェアによる手振れ補正など使用しません。 撮影時のままの揺れです。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[09/12 woodstock]
[09/07 woodstock]
[09/05 woodstock]
[08/01 レイバンサングラス]
[07/31 は〜ま]
[06/18 は〜ま]
[02/07 松田]
[01/22 金丸 宗由]
[01/03 T]
[12/31 紀州]
[12/26 T]
[11/30 もも]
[11/12 スヌーピー]
[11/10 紀州]
[11/06 は〜ま]
[10/27 T]
[10/21 T]
[10/16 T]
[10/16 T]
[10/16 もも]
[10/16 紀州]
[10/15 T]
[10/15 もも]
[10/01 紀州]
[10/01 紀州]

プロフィール

HN:
eiji1783
性別:
男性
自己紹介:
趣味でステディカムを使用しています。

ブログ内検索

Google+

バーコード

カウンター