忍者ブログ

Brushless Gimbal Steadicam

現在はBrushless Gimbal を使っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブラシレスジンバル エンコーダ 接続図

下の図を見てみましょう。
私が購入したもので接続するとします。
PWM_R ロール軸
PWM_P ピッチ軸
PWM_Y ヨー軸
と理解してください。

 
エンコーダセンサーから3本の配線を32bit基盤に繋げる。

POOL軸 PWM_R GND +5V FC_ROOL 3か所に接続
PITCH軸 PWM_P GND +5V FC_PITCH 3か所に接続
YAW軸  PWM_Y GND +5V RC_PITCH  3か所に接続


RC、FC部分は3本の端子がありますが、32bit基盤正面から見て、
左側にPWM信号を入力
真ん中に+5V
左 GND

エンコーダ専用32bit基盤なんて買わなくても良いのです。
通常の32bit基盤で、エンコーダセンサーに接続できます(配線の加工は必要です)



じゃあ、どこで買うのか?
http://ja.aliexpress.com/item/AS5048A-Magnetic-encoder-for-alexmos-basecam-electronics-gimbal-controller/32496623989.html

上のリンクから購入中です。
1セット 17.8ドル 送料込み

エンコーダ内臓のモーターで作りたい人は
http://ja.aliexpress.com/item/gimbal-motor-with-AS5048-encorder/32415133671.html

3種類のモーターから選べます。

やっぱりエンコーダを簡単に接続したいという人は
http://ja.aliexpress.com/item/S-BGC-PRO-Alexmos-BaseCam-BGC3-0-SBGC-V3-0-32bit-ARM-3axis-Gimbal-Controller-official/32357540238.html
コネクタが特殊なので、簡単ではなさそうだけど(;'∀')
それにしても安くなったね。

 あとは、みなさんで工夫して取り付けてね。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

私の動画は全てソフトウェアによる手振れ補正など使用しません。 撮影時のままの揺れです。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[09/12 woodstock]
[09/07 woodstock]
[09/05 woodstock]
[08/01 レイバンサングラス]
[07/31 は〜ま]
[06/18 は〜ま]
[02/07 松田]
[01/22 金丸 宗由]
[01/03 T]
[12/31 紀州]
[12/26 T]
[11/30 もも]
[11/12 スヌーピー]
[11/10 紀州]
[11/06 は〜ま]
[10/27 T]
[10/21 T]
[10/16 T]
[10/16 T]
[10/16 もも]
[10/16 紀州]
[10/15 T]
[10/15 もも]
[10/01 紀州]
[10/01 紀州]

プロフィール

HN:
eiji1783
性別:
男性
自己紹介:
趣味でステディカムを使用しています。

ブログ内検索

Google+

バーコード

カウンター